逕サ蜒
 

メキシコ代表とは?

さて、前回のことを踏まえてメキシコ代表についてみていきたいと思います。
前回、書いていることが主なメキシコ代表の強さと言ってもあながち間違っていません。

サッカーメキシコ代表は北中米を代表している強豪チームとして知られています。
1930年のウルグアイ・ワールドカップに参加しています。
1970年のワールドカップは自国開催でした。
これと1986年のワールドカップでそのどちらもベスト8という結果を残しています。
1994年以降のワールドカップすべてで、決勝トーナメントに進出するといった活躍でその存在感というものを発揮しています。
その一方でワールドカップの合計の最多の敗北記録というものも持っています。
これにはPKによる敗北というものは含まれていません。
さらに1993年から南アメリカの大陸選手権コパ・アメリカに招待国扱いではありますが、すべての大会に参加しています。
その結果、過去に準優勝を2回。
3位が3回という好成績を収めています。

強豪国にもかかわらず代表選手のほとんどは国内リーグに所属しています。
そのためヨーロッパの強豪チームで活躍している選手はすくないです。
これは国内リーグのレベルが高い証拠ではないでしょうか?