逕サ蜒
 

最近のメキシコのサッカーニュース

最近メキシコのサッカー界でのいいニュースと言えば何があるのでしょうか?
今は特に大きな大会があるというわけでもないです。
強いて言うならワールドカップの地区予選が始まってるくらいです。
なので、これからのメキシコ代表を担っていく選手の明るいニュースを紹介しましょう!

サッカーのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(23)がイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)と新たに5年間契約したというものです。
これは選手の代理人が明らかにしました。

エルナンデス2010年7月のグアダラハラ(メキシコ)からのマンUに加入しています。
移籍初年度にして45試合という公式戦に参加し20得点という輝かしい記録を残しました。

この評価をマンUが評価し、新たに契約を結んだというものです。

このニュースは間違いなくメキシコのサッカー界においては素晴らしいものでしょう。
なんて言ってもこれからを担っていく若きエースストライカーが海外での経験を積むという事ですからね。
これというのももともとメキシコ代表には海外でプレーする選手が少なく経験という点でマイナス要素になっていますから。
なのでこれからのこの選手の活躍は未来のメキシコのサッカーをより強くすることができる存在だと思います。